ベトナム基本情報

正式名称:ベトナム社会主義共和国

首都:ハノイ
面積:329,560k㎡
人口:8423万人

民族構成:ベトナム人はベト人(越人、京人、キン族)が85%から90%、その他に華族3%、タイ族、クメール族、ムオン族、メア族、モン族、ザオ族、チャム族などの53の少数民族がいる。
言語:ベトナム語が公用語。
その他にも中国語(主に広東語、台湾語、北京語)、クメール語なども使われており、フランス領インドシナ時代の影響から、少数のエリート層や老人の間ではフランス語も理解出来る人もいる。また、ソビエト社会主義共和国連邦との共産主義国との繋がりがあった為、ロシア語を理解できる人も居る。
ただし、最近の若年者の教育は英語教育が一般的になり、町の看板などを見渡してもベトナム語以外では英語が目立つのが現在の状況である。
気候:北部は温帯性の気候であり、4月から10月までが雨期となる。首都ハノイの平均気温は1月が16℃、7月が29℃である。年平均降水量は1,704mm。
南部は熱帯性気候下にある。平均気温は1月が18℃、7月が33℃だが、平均降水量は1,000mmと少ない。
通貨:ドン(VND)。1000ドンが、日本円4.5円。
時差:日本との比較は、マイナス2時間